フィンペシアとは

フィンペシアの概要

フィンペシアとはプロペシアと同等のAGA治療効果がある育毛薬のことをいいます。
つまりプロペシアと同様にフィナステリドという成分が主成分となっており、薄毛・脱毛の一番の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の働きを抑制し、抜け毛を防止し、本来生えるべき髪の毛の成長を助ける効果があるのです。

 

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品として今や多くの人に知れ渡るようになりました。
ジェネリック医薬品とはどういうことなのかというと、簡単にいえば後発の薬だということです。

 

プロペシアはアメリカのメルク社が開発した先発の薬であり、その開発には多大な研究費や臨床試験等の費用がかかっています。だから単価が高いんですね。

 

それに比べてフィンペシアは、インドのシプラ社が製造販売をしている、プロペシアより後に製造された後発の薬なんです。フィンペシアは後発であるが故にプロペシアの開発において必要となった研究費や臨床試験等の費用がそこまでかからないのです。

 

だからこそ安価に購入することが出来るんですね。

 

あくまで研究開発費等が先発の薬と比べてかからないことから安く購入出来るのであって、安いからと言って質がフィンペシアの先発薬であるプロペシアに劣るわけではありません

 

フィンペシアはプロペシアとAGAに対する有効成分であるフィナステリドが同じ量入っているので、効果も同じなのです。なるべく育毛対策に費やすコストを削減したいと思っている方に、今フィンペシアは絶大な支持を受けています。

フィンペシアの魅力

先にも説明していますが、フィンペシアはプロペシアと同じ成分(フィナステリド)からできています。その成分量も1mgと同じです。それなのに、価格が1/10くらいで購入できるという点が最大の魅力です。

 

AGAの治療薬は、継続して長く服用しなければいけません。薬を止めてしまうと、有効成分であるフィナステリドが抑制していたAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の働きが活発化し、再度AGAの進行が進んでしまうのです。

 

なので一度フィンペシアやプロペシアを服用したのならそれをずっと継続して利用しなければ意味がないのです。ずっと継続して飲み続けなければならないことを考えるとフィンペシアがプロペシアの1/10程度で購入することが出来るということはかなりの魅力といえるでしょう。

 

経済的に負担が少ない方が断然お得なのはわかりますよね。経済的に厳しくなって、続けられなくなってしまっては、せっかく育毛効果が出ていた今までの努力が水の泡となってしまいますから。